「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

(23)


…… 三彩陶器 ……

اَلسَّلامُ عَلَيْكُمْ

アッサラームアレイコム
 (あなたに平安を)




 85年の春、初めてのカシュガルをうろついていた時、目に入ってきたのが焼き物バザールでした。

 出版が近いカシュガル紹介本によりますと、現在地にあるカシュガルの焼き物バザールは、400年以上の歴史があるとのことです。

 店外に雑然と置かれてあった焼き物は、小さな茶碗から大きな水瓶までありましたが、その色遣いに驚きました。

 一見、日本の美濃焼(織部、黄瀬戸)のような見慣れた焼き物がそこにありました。


 751年、アラブ(アッバース朝)と唐との戦いが、現在のカザフスタン領天山山脈西北麓のタラス河畔でありました。

 敗れた唐軍の捕虜に紙漉き工がいましたので、イスラーム世界に製紙法が伝授されたことは有名です。
 また、捕虜の中に陶工もおり、唐三彩技法が伝授されて、後のペルシャ三彩になったとも言われています。


 そのカシュガルの焼き物を見ながら、もしかしたら、タラス河畔の戦いでアラブ軍の捕虜となった唐軍の陶工とは、カシュガル出身者ではないかと夢想しました。

 唐軍と言っても編成は西域少数民族の寄せ集め軍隊でしたから、唐軍の先頭に立ったのは、当時、カシュガル方面に居住していた、トルコ系のカルルク(現在のカシュガル人祖先?)であったろうと思います。

 歴史書(資治通鑑)には、このカルルクがアラブ軍に寝返ったことにより唐軍が敗れた経緯記述があります。
 今も昔も、カシュガル・ウイグルの日和見主義的な生き方は変わっていないようです。
 

 トルファン出土の唐三彩から推測しますと、洛陽で興った唐三彩(初期唐三彩は専ら皇族、貴族の明器=墓副葬品)が、トルファンでも焼成されていたように思われます。

 もしかしたら、630年頃、インドへ向かう途中、トルファン(高昌国。640年滅亡し唐の版図となる)に立ち寄った唐高僧・玄奘三蔵が、トルファンで作られた墓副葬品の唐三彩(三彩陶器は2000年ほど前の「漢三彩」が起源とされる)を見た可能性もあると思います。

 トルファンで作られた唐三彩が、やがてソグド商人によってカシュガルに伝わり、現在の実用器物の 「カシュガル三彩」 として生き残っているのではないかと想像します。


 遣唐使や留学生・僧によって唐三彩が将来され、やがて日本で最初に釉薬をかけて焼いたとされる奈良三彩が製作され広まったのも同時期であったことでしょう。

 そして、奈良三彩の影響で後年、キリシタン大名で千利休の弟子・古田織部が考案したとされる織部焼が生まれたとのことです。

 もっとも織部焼は、豊臣秀吉による朝鮮出兵(文禄・慶長の役 1592~98)で連行されて来た李朝の陶工たちが、日本各地に窯を開き技術を伝授した結果であることは疑う余地はありません。

 ですから、「カシュガル三彩」 と織部焼は遠い親戚であると無理矢理結論づけました。
 
 こじつけで恐縮ですが、カシュガルと日本の三彩が時空を超えて繋がりました。


  注: 「カシュガル三彩」 の命名は便宜上。唐三彩の西域来歴記述は推測。




写真1: 85年春に買った 「カシュガル三彩」 の茶碗
f0117129_23522212.jpg

写真2: 焼き物バザール。どこも外に陳列している
f0117129_227215.jpg

写真3: 今年開業した食堂が使う特注オリジナルの 「カシュガル三彩」 どんぶり
f0117129_2343353.jpg



文・写真の無断転載厳禁
copyright © 2007 ウイグルの生活と文化 all rights reserved.

江上鶴也
[PR]
by oghuzkahan | 2007-04-04 20:46

(22)


…… 焼 き 物 ……

اَلسَّلامُ عَلَيْكُمْ

アッサラームアレイコム
 (あなたに平安を)



 ちょうど22年前の85年春、砂が飛び交い視野もおぼろげなカシュガルで、すばらしい焼き物と出会い感激しました。

 日本の民芸運動家の故柳宗悦氏(1889~1961。無名職人が作る大衆的な日用雑貨品を工芸品として発掘、収集、紹介、評価した)も、素朴さ満点なカシュガルの焼き物にきっと興味をもたれたことでしょう。

 ただ、カシュガルの焼き物にも、雑なところが散見されますので、仕事の取り組み方などに関して、「もっと職人魂を持って仕事に臨みなさい」 などと叱咤されるべきなのですが、聞く耳持たず、逆に喧嘩を売る気かと反駁されること必至ですので、カシュガルでは高飛車に意見するなかれが暗黙の了解です。

 もうちょっと頑張って仕事してくれるならば、世界的に評価されるようなすばらしいものがいくらでもあるのに、と無責任な他所者が声を大にしても、当人達は知らぬ顔です。

 食堂の味もしかりで、ものすごく美味しいラグメン(皿うどん)を味わって感激し、次の日も同じ注文をしてみますと、同じ調理人が作ったにもかかわらず、全く違った味に失望することが度々あります。

 よそ目には太鼓判を押せるほどの好い加減なカシュガル・ウイグルの生き方ですが、頑なであるからこそ注目もされず、外敵も競合もなく、まるで遺存種のごとく悠久の歴史を生き延び、また周りを気に掛けることもなく堂々と未来に立ち向かっているかのごとくですから、ご立派です。

 カシュガルには、トルファンのように誇れる歴史的観光名所はほとんどありません。
 カシュガル最大の見せ場であり魅力は、カシュガル・ウイグルの生き方なのかも知れません。


 さて、春の砂霞に突然、目の前に出現した厚みのある粗っぽい作りのカシュガルの焼き物は、一瞥しただけで、きっと焼成温度も低くて、割れ易いのだろうと想像に難くありませんでした。

 しかし、この焼き物との邂逅に気を良くしてしまい、早く自分のものにして終日、眺めていたい衝動に駆り立てられてしまいました。

 値引き交渉もしないまま、大きめの茶碗とドンブリを2個ずつ買い求めました。
 確か1個1元(当時の1元は約90円)ほどでしたから、今から思えば少しぼられていたはずです。
 現在の価格は、1個5元(=約80円)から10元です。


 因みに、昔はぼるにしても、大体、倍ぐらいでしたが、今では10倍100倍と質が悪くなっています。
 特に適正価格の分からない外国人には、法外な値段を吹っ掛けるだけ吹っ掛けてやろうと虎視眈々と狙っています。
 もっとも、購入価格に関しては買い手の自己責任ですから、取引後にぼられたと言うのもおかしな話です。


 自分のものになった焼き物を手にして眺めては、嬉しくてすごく得したような気分に浸り、挙げ句の果てには、カシュガルに来たことの意義をこの焼き物に求めようとさえしました。

 後日、そんなに衝撃は無かったものの、それぞれ1個ずつが割れてしまいましたので、思った通りのもろさでした。
 運良く割れずに残ったものは、22年経った今でも大事に保存してあります。



写真1: 知り合いの焼き物屋主人と話をする (86年)
f0117129_23461514.jpg

写真2: 日曜バザールの簡易食堂の姉妹。当時は焼き物が使われていた (85年)
f0117129_2171516.jpg

写真3: 割れずに残った85年春購入どんぶり。22年経つ
f0117129_23464328.jpg



文・写真の無断転載厳禁
copyright © 2007 ウイグルの生活と文化 all rights reserved.

江上鶴也
[PR]
by oghuzkahan | 2007-04-03 17:31

(21)


…… アルファルファ若葉ワンタン ……

اَلسَّلامُ عَلَيْكُمْ

アッサラームアレイコム
 (あなたに平安を)




 カシュガルの春の風物詩は、アルファルファ若葉ワンタンで、水餃子と同じくスープなしで食べます。

 作り方は、① アルファルファの若葉をみじん切りにし、② 油少量の弱火で炒めた味付けなしの具を、③ 餃子皮よりも薄い皮で小さく包み、④ 水餃子と同じように煮ます。 

 水餃子と同じく、黒酢に唐辛子を少量加えたものにつけて食べます。

 カシュガルっ子は、このアルファルファ若葉ワンタンを食べずして、春を迎えられないそうです。


 アルファルファの日本名はムラサキウマゴヤシ(紫馬肥やし)で、中央アジア原産です。
 マメ科の植物で、家畜に与える飼料作物として栽培され、夏に濃紫色から白色の蝶形花を付けます。

 アルファルファは、アラビア語の al-fisfisha (全ての食物の父)が語源と言われています。

 また、日本では 「糸モヤシ」 とも言われており、食物繊維が豊富で、栄養価が高く、ビタミンC、カリウムなどが含まれ、スプラウト(新芽野菜、モヤシ)の状態でサラダなどに使われているとのことです。


 今年はカシュガルも暖冬でしたので、3月初旬からアルファルファ若葉が出回り始めました。
 4月初旬の今でもまだ売っているのですが、もう旬の味ではないとのことです。
 出始めは1㎏=40元(約640円)でしたが、4月2日現在は1㎏=2元(約16円)です。

 アルファルファ若葉は春先にワンタンの具にするだけで、新芽のモヤシ状態で食べることはありません。

 ウイグルがサラダを常食するようになれば、アルファルファ・モヤシがもっとも身近な生野菜となるのではと思います。

 ウイグル語で、アルファルファを 「ビダ」 と言いますが、アルファルファ若葉は 「キョック」 と言います。

 キョックは、「青色、天空、緑草」 と言う意味です。

 「守護神・蒼き狼に導かれ国が興る。死後の魂は鳥となって蒼穹を翔る。天の慈雨が新緑を生み畜養し民を養う」
 こんなイメージのウイグルの自然観を表す 「キョック」 は、モンゴル高原で興った遊牧騎馬民族の先祖から綿々と引き継がれてきたものではと、アルファルファ若葉の匂いを嗅ぎながら夢想に耽っています。

 ですから、「キョック」 は、青々とした空や水や草のみならず、生死や森羅万象を意味していたのかも知れません。

 案外、語呂合わせで、アルファルファ若葉の 「キョック」 を食べるのではないかなと思ったりしています。

 日本の七草粥のように無病息災を祈って食べることでも無いようです。

 一般的には、冬中、新鮮な野菜を摂ることがなかったため、新緑の力強い息吹を取り入れて活力を付ける意味で、春一番に若葉を出すアルファルファを食べるとのことです。

 しかし、(17)でご紹介した、冬でもハウス栽培の新鮮野菜が食べられるようになった今では、春一番の野菜としてのアルファルファが疎んじられるようになるかも知れません。

 そんなことで、いつまで春の風物詩としてアルファルファ若葉ワンタンが受け入れられるのか興味があります。

 因みに、中国語でワンタンを 「馄饨」 と書き、「馄饨」 の呉方言(上海方言)が、日本語の 「うどん(饂飩)」 のルーツだそうです。

 折角、作ってくれた妻には悪いのですが、草そのものの味がするアルファルファ若葉ワンタンを一口食べただけで吐き気がします。

 私の口には合わないのですが、春はアルファルファ若葉ワンタンからと、いつまでもウイグルの春の風物詩であって欲しいと願います。




写真1: 春の風物詩、アルファルファ若葉 「キョック」 バザール
f0117129_4245390.jpg

写真2: みじん切りにしたものを、油少量の弱火で炒めた味付けなしの具を包む
f0117129_4251540.jpg

写真3: 石炭ストーブで煮炊きできるので冬中重宝する
f0117129_4253573.jpg



文・写真の無断転載厳禁
copyright © 2007 ウイグルの生活と文化 all rights reserved.

江上鶴也
[PR]
by oghuzkahan | 2007-04-03 04:08