「ほっ」と。キャンペーン

(28)


…… 杏(アンズ) …… 

اَلسَّلامُ عَلَيْكُمْ

アッサラームアレイコム
 (あなたに平安を)



 
 5月の末からカシュガル各地に杏(アンズ)売りの姿が現れました。
 7月初旬まで、色んな種類の杏が売られます。

 6月初旬、カシュガル中心地から車で20分ほどの距離にあり、カシュガル鉄道駅を経て空港へ向かう道路傍に位置する、カシュガルの果物郷と言われる農村の妻親戚農家を訪問し、最盛期の杏狩りを楽しみました。

 妻親戚農家は果樹園を持ち各種果樹を栽培しています。
 私の好きな緑色ブドウはやっと実を付けたところでしたので、1ヶ月後のお楽しみとなりました。

 杏は木を揺らしただけで容易に落下します。
 杏の木の辺りには自然に落下した杏が多数ころがっていました。

 日本でしたら人間より先に野鳥や小動物がやって来て横取りするのでしょうが、ここでは横取りするのは人間だけのようですから、果樹園の門扉はしっかり施錠してありました。

 杏は食べ放題で、杏にこびりついた砂塵を洗い落とすこともなく食べまくりましたので、12時間後、苦しむことになりました。

 当地の果物は、メロン、スイカ、ザクロ、桃 以外は皮ごと食べます。

 妻は、料理に使うからとまだ熟していない青い杏も強引にもぎ取っていました。

 夕方、妻宅に戻ってからも、妻の静止を聞かず、お土産にもらった杏を頬張り舌鼓を打ちました。

 結果、夜半からお腹の調子が悪くなり、数日下痢が続きました。
 杏を食べると下痢をする人もけっこういるようです。
 そのためか、数年前から息子は杏を口にしなくなりました。

 ウイグルはナンと一緒に果物を食べるとお腹を壊さないと言います。
 
 一見、アーモンドに似た杏の種の仁を杏仁と言い、鎮咳薬、去痰薬になります。
 
 杏仁を粉にしたものを寒天で固めて作ったデザート、「杏仁豆腐」 は中国内地で食したことがありますが、ウイグルは杏仁を使った食べ方はせず、アーモンドと同じように杏仁をそのまま食べます。

 歯の丈夫なウイグルは、杏を食べた後、種を歯で割り中の杏仁を食べます。
 日本で言えば、梅干の種を歯で割って中の仁を取り出すようなものですが、真似をすると歯が欠けますので十分ご注意を。
  
 杏をドライフルーツにしたものも年中食します。

 夏はその乾し杏を氷水に浸した水が売られます。

 ですから、当地では年中、杏を楽しんでいます。

 しかし、ジュースにすることはありません。
 ジュースにするのはザクロだけです。

 新疆ウイグル自治区は大乾燥地帯ですから、果物は糖分が凝縮されており甘味が強く、一度味わうと虜になってしまいます。

 100%ジュースやジャムにして中国内地や外国に売り出せばと思うのは他所者の発想でしょうか。


 5月末、来訪者が来たことを示す、妻宅門扉の呼び鉄輪がガチャガチャと鳴りましたので門を開けましたら、若い女性が杏を盛った皿を手にして立っていました。
 妻が応対すると、娘さんは皿を置くなり帰って行きました。

 娘さんは斜め向かいのお嬢さんとのことでした。

 妻が夜明け前礼拝後、自宅前路上を掃除していますと、娘さんのお父さんが籠に入った杏を持って帰って来たところに出会ったそうです。

 妻宅近くにあるカスカン通り(職人街)では早朝に籠入り杏を売り出します。

 カシュガル・ウイグルの習慣として、自宅に果物など持ち帰る時にご近所の誰かと出会って見られてしまいますと、その相手にお裾分けしなければならないとのことです。

 妻が娘さんのお父さんが杏を持ち帰るところに出会い杏を見てしまいましたので、娘さんが杏のお裾分けを持って来たという訳です。

 後日、私と妻が籠入り杏を持ち帰るのをご近所の女性に見られてしまいましたので、慣習通りにお裾分けしました。

 夏場ですと、スイカやメロンを一度に何個も買いますので、搬入を見たり見られたりしますが、スイカやメロンのお裾分けの遣り取りは少ないようです。




写真1: 5月末から一斉に杏が出回った
f0117129_17443018.jpg

写真2: 乾し杏で味付した冷たい水売り
f0117129_1744514.jpg

写真3: 籠入り杏を選り分ける。ご近所に見られてしまったのでお裾分けした
f0117129_17451962.jpg



文・写真の無断転載厳禁
copyright © 2007 ウイグルの生活と文化 all rights reserved.

江上鶴也
[PR]
# by oghuzkahan | 2007-06-19 18:20