(27)


…… ウイグルナイフ …… 

اَلسَّلامُ عَلَيْكُمْ

アッサラームアレイコム
 (あなたに平安を)



 
 カシュガルからヤルカンド、ホータン方面へ向けて車で1時間ほどの距離に、ウイグルナイフで有名なインギサ(英吉沙)があります。

 妻宅近くのカスカン通り(職人街)には、旅行者向けのインギサ・ウイグルナイフ(英吉沙小刀)を売る店もあります。

 カシュガルが古来よりシルクロードの要衝として知られた一因は、良質の鉄が採れるインギサが近郊にあったからと想像するに難くありません。

 ウイグル語で鉄を 「トムール」 と言い、男性の名前にも使われます。

 インギサ・ウイグルナイフの大消費地は言うまでもなくカシュガルです。
 しかし、最近ではナイフ類の消費がめっきり減ってしまい、かつて職人街で刃物類を扱っていた店主は、旅行者向けの土産物屋に商売替えしてからの方が収入になると話してくれました。

 ウイグルナイフの消費が落ちた大きな原因は、民俗文化としてウイグルの成人男性が腰のベルトに鞘付きナイフをぶら提げていたのを、10年ほど前に凶器にもなるからとナイフ携帯が禁じられたからです。

 それ以来、ウイグルナイフは調理場の片隅に置かれ、女性が調理用に使うための刃物として家庭内に閉じ込められてしまいました。

 妻宅にもウイグルナイフが2本あり、調理用ナイフとして使用しています。
 妻は日本滞在中、包丁は使い辛いからと果物ナイフで調理していました。
 妻の影響からか私も包丁は使わず、もっぱら百円ショップで購入した果物ナイフを使うようになってしまいました。


 私が子供の頃に見たアメリカのテレビドラマで、カウボーイたちがパンや肉を切るのみならず、フォークやスプーン代わりに実に器用にナイフを使っているのが格好良く、いつか自分もナイフを片手に食事をしたいと憧れていました。

 大学浪人時代にバックパッキングをするようになり、サバイバルナイフを購入したものの使う機会がほとんどなく、テレビのカウボーイのようには格好良く使いこなせることもありませんでしたので、できもしない真似は止めました。

 その後、スイスアーミーナイフやフランスオピネルナイフを使ってみましたが、ナイフ単体よりもナイフ、スプーン、フォークなどが付いた五徳ナイフが実用的で重宝するため、海外放浪にも使い勝手の良い安物の五徳ナイフを携行するようになりました。

 妻宅にも私が使った30年以上前の五徳ナイフがあるのですが、今では使うことは全くなく、若い頃、共に旅した思い出の品として錆びるに任せています。


 85年春、ウイグルたちが腰からウイグルナイフをぶら提げている姿を見て、かつてテレビドラマのカウボーイのナイフ使いに痺れていた頃を思い出しました。

 早速、小振りのウイグルナイフを腰にぶら提げては悦に入ったのですが、慣れないために邪魔になって仕方なく、終いには布製ショルダー軍鞄に入れて持ち歩くようになりました。

 買ったウイグルナイフは、スイカやメロン、硬くなったナンを切るくらいしか用途がありませんでした。

 ウイグルナイフは鉄製ですので錆び易く、また切れ味も悪くしょっちゅう研ぐ必要があるため、重宝する五徳ナイフには勝てず、やがて手にすることもなくなりました。


 インギサに並ぶ新疆のナイフ産地が、カシュガルとウルムチのほぼ中間地点に位置するシャヤー(沙雅、クチャー南方)です。

 シャヤーの折り畳み式ウイグルナイフ(沙雅小刀)が今様で実用的、デザイン的にも好まれ、また小型なため携行にも適しているために広く使われるようになりました。

 シャヤーの折り畳み式ウイグルナイフは、中国内の各種博覧会に新疆を代表する名産品として出品されて好評を博されました。
 
 従来のウイグルナイフが不調に陥っていたインギサでも、シャヤーの折り畳み式ナイフを真似て生産するようになりました。

 折り畳み式ウイグルナイフは、日本の 「肥後の守」、フランスの 「オピネル」 にも勝るとも劣らない逸品だと思います。

 私はこの折り畳み式ウイグルナイフブランドを通じて、ウイグルが世界に名を馳せることができるのではとも思っています。


 99年に息子が生まれ、生後40日目にする 「揺りかごの儀」 を終えてベビーベッドに寝かせる前、妻の母がコーランの一節を唱えて祈祷し、魔除けにと義母愛用の折り畳み式ナイフを息子の枕元に置いてくれました。

 魔除けのナイフを枕元に置くのは、赤ん坊を魔物から守り穏やかな安眠を祈願するためのものです。

 息子は小学2年生ですが、魔除けナイフ祈願のご利益があったお陰か、数年後は私共両親の背丈を越える勢いですくすくと育っております。




写真1: 右端のスイカ切り売り屋のおじさんも腰にナイフを提げている。日曜バザール
f0117129_3484439.jpg

写真2: 妻宅にあるインギサ製ウイグルナイフ2本。下は調理用ナイフ
f0117129_245509.jpg

写真3: インギサ製折り畳み式ウイグルナイフ各種。職人街のナイフ小売店
f0117129_2463966.jpg



文・写真の無断転載厳禁
copyright © 2007 ウイグルの生活と文化 all rights reserved.

江上鶴也
[PR]
by oghuzkahan | 2007-06-17 04:11
<< (28) (26) >>