(20)


…… チャイハナ(喫茶店) ……

اَلسَّلامُ عَلَيْكُمْ

アッサラームアレイコム
 (あなたに平安を)



 チャイハナ(喫茶店)は、カシュガルでは無くなる寸前の商売です。

 85年の春、初めてのカシュガルは、見る物全てが物珍しく、バカチョンカメラを片手にうろついてはシャッターを切りまくっていました。

 歩き疲れると、カスカン通り(職人街)にあったチャイハナで一休みするのが日課でした。
 毎日、午前と午後の2度、そのチャイハナに顔を出していましたので、いつしか顔馴染みになり、常連さんたちと言葉を交わすようになりました。

 そんなことで、チャイハナが私の実践ウイグル語会話教室となりました。
 ですから、私は本当の 「お茶の間留学」 でウイグル語を勉強したのです。

 毎日何度となく、「どこから来た」、「何歳」、「仕事は何」、「腕時計はいくら」などと質問攻めでした。
 ウイグル語が話せなかった頃は、「ヤポーニヤ(日本)」、「オットゥズ(30)」などと返事していましたが、相手にも同じ質問をするようになってくると、会話のコツが分かってきたように感じられました。

 チャイハナは地域の社交場です。
 現在のチャイハナは、お年寄りたち(男性)の憩の場です。

 私がいつも通ったカスカン通りのチャイハナは、職人たちが休憩に利用したり、郊外から買い物に来た人たちが休憩したりする所でした。

 真偽のほどは定かではありませんが、チャイハナと理髪店には警察の間諜が出入りしており、世間話に反政府的なものがないか聞き耳を立てているようだとの噂もあります。

 もしかしたら、警察の援助で営業しているチャイハナがあるかも知れません。

 21世紀のカシュガルは、チャイハナ商売で暮らしていけるような時代では無くなりました。
 チャイハナから食堂に鞍替えするか他業種に商売替えするかして廃れてしまいました。

 私が通っていたチャイハナは、2年ほど前に廃業して以来、店舗を貸しています。
 元チャイハナ主人曰く、賃貸の方が楽でのんびりできて楽しい、とのことです。

 「この界隈ではここ一軒のみになってしまった」 と、エティガモスク近くにあるチャイハナ主人が言っていました。
 このチャイハナでのんびりと世間話する間も、誰かのポケットから携帯呼び出し音が聞こえてくる時代です。
 
 チャイハナのお茶は(7)でご紹介しました、廉価なカラチャイ(茯茶)ですから、嗜好が紅茶に替わりつつあるカシュガルではチャイハナを必要としなくなったのでしょうか。

 今後、ウイグルの生活変容に拍車が掛かれば、トルコに憧れていることもありますので、洒落たガラスコップ(チャイグラス)に淹れたトルコ風チャイを飲む、憩い・社交場としての垢抜けたチャイハナが出現するのではないかと当て推量しています。

 経済成長著しい中国の片隅にあるカシュガルは、一見すごくのんびりとしているかのようなのですが、私が知る80年代の雰囲気は感じられなくなっています。

 文化大革命(66年~76年)から復興しつつあった80年代のカシュガルを知っておられる方は幸運と言えるかも知れません。

 それとも、トルコ風チャイを飲ませる未来のチャイハナに期待を寄せられてはどうでしょうか。



写真1: チャイハナの看板。カシュガルのチャイハナは数少なくなった
f0117129_0102940.jpg

写真2: リストラに遭ってからチャイハナを開業したという経営者
f0117129_0104889.jpg

写真3: チャイハナで休憩する客。民家をチャイハナにしている
f0117129_0111447.jpg



文・写真の無断転載厳禁
copyright © 2007 ウイグルの生活と文化 all rights reserved.

江上鶴也
[PR]
by oghuzkahan | 2007-03-31 23:33
<< (21) (19) >>