(9)


…… 朝  食 ……


اَلسَّلامُ عَلَيْكُمْ


アッサラームアレイコム
 (あなたに平安を)


 薬茶以外にウイグルのお茶の飲み方としては、沸騰させた牛乳へ予め準備していたポットのお茶を適量加えて増量させ、塩を少量加えた 「エティケン・チャイ」 という、塩味のミルクティーがあり、主に朝食にします。

 ウイグルの伝統的な朝食は、「エティケン・チャイ」 と 「ナン」 です。
 湯飲みに注いだ 「エティケン・チャイ」 を飲みながら 「ナン」 を食べたり、ドンブリに 「ナン」 を小さく割って入れたものに、「エティケン・チャイ」 を注いで 「ナン」 を軟らかくして食べる 「ナン」 茶漬けが一般的です。

 ウイグルと同じ新疆ウイグル自治区内に居住するトルコ系のカザフやキルギス、またモンゴル系民族も同じような飲み方をします。

 インスタントの 「エティケン・チャイ」 も市販されています。
 癖になる塩味のミルクティーは、日本でも受けるかも知れません。
 
 因みに、硬い錠剤であっても飲み込むからか日本語、ウイグル語ともに 「飲む」 ですが、ヨーグルト、茶漬け、ラーメンなど水気のある食べ物は、日本語では 「食べる」 と表現しますが、ウイグル語では 「飲む」 となります。
 
 「エティケン・チャイ」 に無くてはならない牛乳は、早朝、牛乳屋が売りに来ます。
 牛乳屋は路地に来る最初の物売りで、「スーット、スーット(牛乳、牛乳)」 と野太い売り声を掛けながら家々の門扉の前当たりで待っています。

 牛乳屋のおじさんたちは、日の出前礼拝を終えてから直ぐに仕事に就きますから、妻宅のある路地には、毎朝6時過ぎ頃2、3人来ます。
 牛乳屋とは契約してはいませんが、毎日同じ牛乳屋から買っており、売り声で判別つきますので、いつものおじさんの売り声がしたらナベを持って出て行きます。

 牛乳は、1㎏=2元4角(約36円)です。

 ウイグル語では、「牛乳1キロいくらですか」 と、牛乳、食用油、ガソリンなどは、体積単位のミリリットルやリットルではなく、質量単位のグラムやキログラムで売買、表現します。

 病弱な妻は、毎日、ラクダ乳(250g、10元=約150円)を、内蔵強化や毒素除去に効果があるからと飲用しています。

 ラクダ乳は、搾乳後数時間以内でしたら甘味があり飲み易いのですが、半日も経ちますと酸っぱくなります。
 妻宅へは配達してもらっていますが、搾乳後直ぐが効果があるとのことで、ラクダ農場へ行かれる方もあるようです。

 ラクダ乳は、牛乳に比べてビタミンCが3倍あり、鉄分、不飽和脂肪酸、ビタミンBなども豊富に含み、また血糖値を下げる効果もあるとのことです。

 ウルムチ(新疆ウイグル自治区首都)で暮らしていた頃は、毎朝、近くのバザールへビニール袋入り牛乳を買いに行っていました。

 12月下旬、ウルムチの最低気温は零下20℃以下にもなりますので、注意しておかないと牛乳が凍ってしまいます。
 カシュガルでも零下10℃以下になりますので、牛乳屋は毎朝神経を使っているはずです。



写真1: 塩味が美味しい 「エティケン・チャイ」
f0117129_17302759.jpg

写真2: 朝食はいつも 「エティケン・チャイ」。妻宅では夏季は中庭で朝食を摂ることが多い
f0117129_2035965.jpg
 
写真3: 毎朝、同じ牛乳屋から買う
f0117129_20353183.jpg


文・写真の無断転載厳禁
copyright © 2006 ウイグルの生活と文化 all rights reserved.

江上鶴也
[PR]
by oghuzkahan | 2006-12-18 17:29
<< (10) (8) >>