(4)


…… 路面の六角板 ……


اَلسَّلامُ عَلَيْكُمْ


アッサラームアレイコム
 (あなたに平安を)




 現在、カシュガルにある路地の隅々には六角形のセメント板が敷かれています。

 確か、新疆ウイグル自治区成立30周年に当たった85年10月1日前後から順次、セメント板が敷かれるようになったと記憶しています。

 当時、各戸には上下水道設備がなく、食事準備や食器洗浄後の汚い水を捨てるには、大きなバケツに入れたものを共同水場にある汚水捨てのマンホールへ捨てていました。

 少量の汚れ水は、路地の土道に撒き捨てていました。
 土に撒くと染み込んでしまいますし、乾燥地のため湿った路面は直ぐに乾いてしまいますので、匂いもしないのです。

 しかし、六角形のセメント板を敷き詰めた路面に汚れ水を撒きますと、直ぐには乾かず、匂いも残るようになりました。
 路地居住区各地で汚水撒き散らしによる争い事が増えましたので、汚水は共同水場のマンホールへ捨てることと通達されました。

 そんなこともあってか、各戸の上水道設備に拍車がかかったのではと思います。

 上水道が設けられて家庭から出る汚水問題は解決しましたけれども、雨水にはお手上げです。

 カシュガルは大乾燥地帯に位置し、降雨量は年間100mm以下と少量なのですが、夏季、たまに強く降ることがあります。

 雨後、六角形セメント板の路面が少し低くなっている所に雨水が溜まります。
 雨が上がって自宅前の路上に雨水が溜まっていたならば、直ぐにもきれいに片付けなければなりません。

 雨水に限らずゴミ、砂なども同様で、ご近所や通行人が気持ちよく暮らし通行できるようするために清掃しなければ、争い事の種にもなりますから、放って置くと役所から清掃するようにとの指示もあります。

 そんなこともあってか、日の出前礼拝を終えた女性達の一番の仕事は、自宅前の路上と中庭の掃除です。

 妻宅前路上がほんの少し窪んでおり、雨水が溜まりやすくなっていますので、雨脚が強ければ、ご近所の人たちと世間話しながらの清掃労働があります。

 雨を渇望している大乾燥地帯に居りながら、雨水の処分をしなければならないとは皮肉な話です。




写真1: 路地には六角形セメント板が敷かれている
f0117129_1491461.jpg

写真2: 汚水をカスカン通り(職人街)のマンホールへ捨てに行く婦人
f0117129_1494548.jpg

写真3: 妻宅前に溜まった雨水を息子と後始末をする
f0117129_1502092.jpg



文・写真の無断転載厳禁
copyright © 2006 ウイグルの生活と文化 all rights reserved.


江上鶴也
[PR]
by oghuzkahan | 2006-11-23 01:53
<< (5) (3) >>